MHRモンハン

モンハンライズ 海外レビュー自動翻訳修正版「モンスターハンターライズは発売時点でエンディングがなく未完成の出来映え」

Pocket

こんにちは。モンハン全シリーズに挑戦中のcatchogamersです。

今回発売前にモンスターハンターライズにおけるいくつかの懸念と、
モンスタハンターそのものに関して、最近ある一件があったこと、
さらに現在新型コロナウィルスの影響で多くの人が職を失っており、日本だけではなく世界で大惨事に見舞われています。
いろいろ考え、現在モンハンライズについては購入を見合わせています。

今回、日本のネットを見ると「モンハンライズ 海外で絶賛」などという記事が増えているのですが、
これはどうもステマの可能性が高いなという感じなのですが、一度まずこちらの海外レビューを紹介しますので参考にしてみてください。ステマの記事に比べれば内容的にも適正だと思います。

その後、私見を若干述べるかもしれません。

 

動画も作成しました

 


モンスターハンターライズは発売時点でエンディングがなく未完成の出来映え

本当のエンディングとボスの出現にはアップデートを待たなければならない

モンスターハンターライズの最終ステージまでの道のりには、あなたが思うより少なくとも発売時点ではかなり内容が薄くなっています。「エンディング」は現在、完全に洗練されたゲームで親指につきささったトゲのように何かが不足していると感じさせ、プレイ時間がとても短いと感じました。

ここでは特定のネタバレについては触れません。モンスターハンターライズは、数十時間は予想どおりにプレイできると言えば十分です。あなたは次第により難しいモンスターと戦い、より高いランクのミッションを解除し、そしてより良い装備を次々と作り上げます。ボリュームはおそらく 過去のゲームよりも少し薄いです。過去のゲームのガンナー/ マスターブレードまたはα/ βという種類の代わりに、モンスターごとに1セットずつの鎧しかありません。メイクも足りません。装備の色を変更することはできますが、過去の重ね着装備などは最初から使うことができません。

しかしこれはとても素晴らしいモンスターハンターだと私は思っています。新しいモンスターはよくできていて(果物を投げるビシャテンは私のお気に入りです)、翔蟲はとても自然に感じられるので、それなしで将来のモンスターハンターを想像するのは難しいくらいです。ゲームの仕様的には、モンスターハンターライズは完璧な出来だと思います。

しかし、それからすることがありません。

 

いつものモンスターハンターでは最終的に古龍が出現します。これらの高いレベルのモンスターは、とても効果的な特殊効果や、強力な武器や鎧などの装備を作ることができます。シリーズ最後のモンスターハンターワールドには、発売時点で7つの古龍が含まれていました。さらに、それらをより強化したバージョンの存在、さらに真に熱心なプレーヤーのためにランダム化された最終コンテンツには様々なモンスターが出現しました。

一方、モンスターハンターライズには、シリーズでこれまでで最小になるでしょう古龍が2つしか出現しません。どちらのモンスターも、以前のゲームからの拡張などもなく、これらを倒してもなんのアイテムも入手できません。さらに強化された、モンスターも出現しません。信じられないほどこれはかなり簡素化されたモンスターハンター体験です。

2匹の古龍を倒すと、短いカットシーンが再生されますが、これがこの物語の終わりではないことを説明するのに役立ちます。そこから先は、すべてのキャラクターたちが、新しい未知のモンスターにすぐに立ち向かう必要があることを説明しています。あなたは、この次のモンスターこそが、危機の原因であるとさえ言われます。その時点まで常に画面の上部に表示される客観的なマーカーがないことを除いて、それに対して何をすべきかを示します。クレジットも再生されません。誰もが迫り来る大きな危険について話し続けています。しかし、あなたはただ行くところがなく、何もすることがありません。

 

 

他の様々な要素は、モンスターハンターライズがやや未完成であるという感覚を感じさせます。鍛冶場の武器セクションには、たとえば、ロックを解除する必要があることを示す疑問符が付いたブロックされた領域が表示されます。しかし、私がこれまでに気づいた最も奇妙なことは装飾品です。この長年のモンスターハンタースキルは、レベル5まで上昇する可能性があると表されます。それが前回のモンスターハンターワールドでの方法でした。しかし、装飾品は最大でもレベル4になります。モンスターハンターライズで護石と珠を作成してスキル数を補うことはできますが、装飾品はその1つではありません。発売時点のモンスターハンターライズではこの約束されたレベルに到達することは不可能のようです。

これらの小さな問題は、私が何かを逃したに違いないと私に思わせました。モンスターハンターでは、秘密の目的はよくあることです。過去のゲームでは、ストーリーを完成させるためにランクを上げるために必要な「キークエスト」がマークされていませんでした。 モンスターハンターライズにはキークエストも含まれています(今回は実際にマークされていますが)。

きっと何かを忘れたのだと思い、ゲーム終了後もさらに15時間プレイし、思いつく限りの方法を確認しました。私はすべてのモンスターの低ランクバージョンと高ランクバージョンもすべて倒し、利用可能なすべてのマップで、ミッションを完了させました。私は2匹の古龍を何度も倒しました。最終的に、私はすべてのダイアログを使い果たし、すべての可能な地域を偵察し、まだ完了していないオプションのクエストをすべてチェックしました。

 

 

開発者のQ&Aを確認していると状況を示唆する一行が表示されたのは、ゲームを最後に保存してから約65時間後のことでした。私も最近インタビューした一ノ瀬靖典監督は、ビデオの非常に早い段階で、ゲームの2回目のアップデートに「ストーリーの結論」が含まれると述べています。多くのプレイヤーはこれをエピローグを意味すると解釈しました。今、完全なゲームを見たので、それはそのように感じません。代わりに、ゲームは未完成だと感じました。

上で述べたように、発売時にリリースされたモンスターハンターライズの出来栄えは、モンスターハンターがこれまでに持っていたのと同じくらい気持ちがいいです。言うまでもなく、最後まで進めるのに約50時間かかりました。サイドクエストもまだまだたくさんあります。ほとんどのプレイヤーはおそらくもっと時間がかかるでしょう(突然のエンディングが私をとても混乱させた理由の1つは、私は他のプレイヤーを見つけることができなかったからです)。

私の感じる不満はちょっと私の期待に反しているだけです。私は文字通り何千時間もMHWをプレイし、さらに数百時間はモンスターハンターXXをプレイしました。もちろんその時間の多くは、モンスターハンターライズには存在しないアイテムの作成に費やしました。

カプコンは、ヌシリオレイアなどを含むより多くのモンスターが発売から1か月後に公開することをすでに公表しています。そのため、私はここまでに感じていた不満がそれが短い時間で好転したように思いました。今では、チームがメインゲーム向けのコンテンツをさらに磨き上げているように感じます。

今回モンスターハンターライズが未完成のできのままに発売したのは、もしかするとCOVID-19のために遅れ、四半期の財務の予算の都合で発売前にカットされた可能性もあります。しかし、このことは私の憶測に過ぎません。

憶測と言えば、モンスターハンターライズはやがてもっと完成した気分になるのではないかと思います。MHWのDLCとアップデートは、あくまでも私の目から見れば市場に出回っている他のすべてのAAAゲームのゴールドスタンダードに匹敵しています。そのため、私はこのシリーズに大きな信頼を寄せています。また、モンスターハンターライズは来年にはPCにも登場するので、明らかにカプコンはこのシリーズの長期計画を持っていると思います。発売時点で本当のエンディングまでが搭載されていないことは、製品を私が手にするまで、きっと私が何ヶ月も消費すると予想していた内容からみると少し少ない印象を持っているだけです。

原文

Google翻訳


海外のレビューなので、海外の方々は日本の大人に比べると、平均的に大人です。そのように教育を受けているからですね。ですので、単刀直入に批判することはせず、ところどころフォローを入れています。
しかし、それを鵜呑みにするのは読解としては問題でしょう。

レビューに書いている内容を分析すると、モンスターハンターライズは、ところどころ面白い部分はあり、仕組みとしては面白いけれども、少なくとも発売時点での内容はとても薄い、しかもクリア後にやることがない、としっかりレビューされています。「最後まで進めるのに約50時間かかりました。サイドクエストもまだまだたくさんあります。ほとんどのプレイヤーはおそらくもっと時間がかかるでしょう」とのことで、僕のように超初心者だともしかしたら100時間くらいは遊べるかもしれませんね。

個人的には上記の内容を見ると3月26日時点の完成度ではモンスターハンターライズの約8000円は高いのかな。と思ってしまいますね。僕は今後のコンテンツの拡充をみてから判断する予定です。最近いろいろと詐欺にあったので慎重なのです。

しかし、レビュアーの方は、装飾品がレベル5まであげられる、と書いてあるのに4までしかあげられない。それは自分のせいじゃないか?と15時間も入念にチェックをし、動画も65時間かけて確認しています。その上、新型コロナウィルスの影響で実装が出来なかったのではないか、などフォローが優しいと感じますが、僕は率直に8000円の高いゲームで、特に現在日本では多くの人が失業しています。そういう中での製品としてはちょっとどうなのかな、と思ってしまいました。

 

また、現在カプコンの株価は上がっていますが、現在の内容だとボリューム不足なので、今後のアップデートで具体的にどこまで実装されるのか、アイスボーンでは出来が酷い部分があり、それがいまだに直っていません。そちらはいつ治るのでしょうか?

それなりの金額がかかる商品なのでユーザーのためにしっかり対応してもらいたいと思います。

 

僕が調べたところ、モンスタハンターライズはすでに中古品が売られ始めています。

そのため、上記のレビューの信憑性がかなり高いですので、本当に次回のアップデートだけではなく、今後のアップデートについても告知してもらいたいですね。

中古価格が定価と変わらないという

 

転売品

転売品が横行していて高額ですね。しかし現時点のボリュームならアップデート後に買った方がいいのではないでしょうか?

 

以上、catchogamersでした。

 

記事の作成者について

2011年よりゲーム開発やシステム開発を行いながら余暇にYoutubeでゲームを放送しています。2013年にはがんばれ森川くん2号の森川さんとデジタルハリウッドにて初心者にもわかるiPhoneゲーム開発の勉強会を開催している他、様々なゲーム会社の方ともつながりがあります。

関連記事

【無料】2021年実績10年のスマホアプリ開発者によるYoutubeにて楽しい愉快なプログラミング講座開催します!【超初心者のための】

https://超.jp/2021-programing-sminor/